2017-05-02から1日間の記事一覧

最後の皿が洗い終えられるとき

いくつもの挿話を、それぞれの重心を揃えて積み重ねて、或る高みに達する種類の小説がある。10枚くらいの同じ種類の皿が、卓上にきれいに積み重なっているさまをイメージしてほしい。 約20年ぶりに再読したこの小説は、それとは違って、いろいろな種類の皿を…

見るまえに跳べ

小説を書くのが好きな人間としては、そっちは文芸評論家が仕事をしてくれていたらと思うこともたびたびなのだが、自分の関心領野なら自分の足で歩くべきなのも一片の真理だろう。たとえそれが孤独な道行きだったとしても。 構造主義に対するポスト構造主義の…