2017-05-26から1日間の記事一覧

水を捧げる街

年下の親友に脳外科医がいて、ときどき部外者の知らない医療現場の話を聞かせてくれる。 言い知れない感動を覚えて、ほとんど聞いたままを小説に書き込んだのが、この挿話。 研修医として勤務したのが救急病院だったので、路彦は何度も患者の死亡に立ち会っ…