2017-07-31から1日間の記事一覧

「火花」を読む

芥川賞受賞作品の歴史に照らせば、又吉直樹の『火花』は、池澤夏樹『スティル・ライフ』や辺見庸『自動起床装置』などと同じ「先輩もの」の系譜を継いでいる。不思議だったり、どこか深い考え方をしたりする一歩先を行く先輩の背中を追って、主人公が内省を…