2018-04-09から1日間の記事一覧

短編小説「おでこの奥にあるありふれた鳥籠」

「確か、顔の中に鳥が棲んでいる小説を書かなかったっけ?」 夜更けに古い友人から電話がかかってきて、そう訊かれた。私の小説に顔の中に棲む鳥が出てきたというのは、友人の誤解だ。こう書いたのだ。 (…)6年後の現在の顔を経て、晩年の彼女の顔を見透か…